[columu]現代アートが楽しめる美術館7選[西日本編]

今回は私がよく行く、西日本にある現代アートが楽しめる美術館7選をお届けします。

〈四国〉

●丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

猪熊弦一郎さんのコレクション展を常時鑑賞できるのと合わせて、現代アートの企画展を鑑賞する事ができます。場所も丸亀駅徒歩1分の立地で、遠方の方もアクセスの良い美術館です。

●高松市美術館

これまで11回目開催している「高松コンテンポラリーアート・アニュアル」とい展示は、若手作家を知れる良い機会です。

●広島市現代美術館

現在改装中ですが、3/18にリニュアルオープンしますので、ぜひ「リニューアルオープン記念特別展 Before/After」に行かれてみてはいかがでしょうか。広島のアートコミュニティのあり方は羨ましい限りです。

●高知県立美術館

ジャンルや年齢を問わず、学芸員が推薦した高知ゆかりの作家を紹介する新たな展覧会シリーズ「アーティスト・フォーカス」という面白い展示が毎年あります。また、企画展も魅力的なものを精力的に開催しています。

高知県立美術館

シャガール、近代・現代の美術作家、郷土作家によるコレクション展と、国内外の様々なジャンルのアートをご紹介する企画展を開催。

〈関西〉

●大阪中之島美術館

最近新しくできた美術館です。コレクションが充実しており、大阪駅からのアクセスも良いです。国立国際美術館に隣接しているため、一度に二箇所の美術館に行くことが可能です。

●国立国際美術館

大阪に行くと必ずお邪魔する、大好きな美術館です。地下に降りていく珍しい建築が特徴的です。若手の作品を展示というよりは、有名な国内外のアーティストを取り上げることが多いです。

●豊田市美術館

なかなか遠いのであまり伺えていませんが、丘の上にある美術館です。天井が高いので、作品と空間とのバランスが素晴らしいです。

Toyota Municipal Museum of Art 豊田市美術館

豊田市美術館の公式ホームページ。展覧会、関連プログラム、コレクション、刊行物、ミュージアムショップ、レストラン、茶室に関する案内のほか、団体申込み、市民ギャラ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です